術後治療



平成16年5月6日


GWを4泊5日外泊して自宅で過ごした後病院へ戻った。
朝10:00から24時間CCR。

夜、主人と義姉とともに治療計画の説明を受ける。

翌日より放射線治療開始。
月曜日から金曜日まで毎日28回予定。
そして10日月曜日より抗がん剤治療開始。
薬も変わる。
ドセタキセル50mgトポテシン90mg。
週一日のみで流しは当日の1本のみ。
午後3時頃には点滴終了となる。
少なくても6クール(24週)とのこと。
放射と治療の同時進行である。

でも、これまでにもそういう治療を行っていたことはあるらしいけれど
現在この病棟では私一人。
片方だけでもみんな副作用きついのに大丈夫なのかしら…?


平成16年5月15日。


今日は私の誕生日。
ちょうど折りよく週末にあたったため外泊。
家族水入らずで過ごした。
今月は今のところ毎週末外泊している。

1週目の治療が終わってやはり身体に堪えてきはじめたなと思う。
前回の治療からは既に1ヶ月半経っている。
症状はまだ軽いものの
微熱、疲労感、手のしびれ、吐気、下痢、そして断続的な腹部の疼痛。
目下、内服薬はほとんど使用していない。

血液検査の都合もあり、採血月曜、抗がん剤治療はこの後毎週火曜日に変更予定。
そして、もちろん放射線治療は毎日。
3週目あたりには放射の副作用のほうもかなり強くなってくるらしい。
身体の中を火傷させているわけだから仕方ない。

それにしても、吐気と下痢では体力的にもつのかと今から不安。
どうしても食欲は落ちてきてるけれど、それでもなぜか痩せないんだなあ〜これが!


平成16年6月4日。


一週間あけての外泊。
前回の外泊ではあまりにも疲れてしまったため。
あの時は持って帰っていた薬がまったく効かず
急遽病院に連絡し、もう少し強い薬を処方してもらい主人に取りに行ってもらった。
先週は病院で過ごしたが、やっぱりそれで正解。
だって、ずっと寝てたもん。
私にしてはかなり珍しい。
今週は治療が休みのおかげで体調もまずまずで安心して帰ることができた。

MRIやCT、腫瘍マーカーなどの一連の再検査を一通り済ませた後、
大急ぎで帰ってしまったため検査結果を聞くのは週明けになる。
さて、今回の結果ははどうだろう。
順調に効果が上がっていればこのままあと5クール治療がつづく予定。
でも…そうじゃなければ…考えたくないなあ。
入院してから、これまで治療上でいい話が一度もなかったし…
検査のたび、治療計画の説明を受けるたび悪化している気がする。

ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


平成16年6月7日

子宮頸部のほうは半分くらいになって治療効果はあがっているそうな。
このままの抗がん剤を続行するとのこと。

しかし、泌尿器科受診。
MRIに変な影があるらしい。
(;´д`)トホホ
膀胱鏡検査。
結構きつい。
痛いっていうのもそうなんだけど苦痛…
また転移とか言われたら辛いなあ。


平成16年6月10日


放射線治療にてRALS開始。
これまでは下腹部に外部から放射線をあてていたが
RALSは膣内部から直接照射する。
1時間前に痛み止めの座薬(ボルタレン)、30分前に鎮静剤(アタP)筋注。
これが効かない(w_−; ウゥ・・
約1時間の施術中30分以上は泣きっぱなし状態。
さすがに参った…
まだあとこれを3回も繰り返すのかと思うとゾッとする。
救いは器具を取り外したら痛みも治まること。
それにしても…おそるべし!RALS!!


平成16年6月18日


今週も恒例の週末外泊。
昨日のRALSはなんとか泣かずに無事終了。
ボル坐に加えアタPとソセゴン筋注をしたため。
C=(^◇^ ; ホッ!
ようやく28回の放射線が終了。
ただ、この放射線の影響でお尻の皮が剥けちゃって結構痛い。
創傷被覆剤のテープで回復待ち。
WOCの看護婦さんがあれこれがんばってくれているんだけど。
(;´д`)トホホ…


平成16年6月24日


先週の外泊の際、下痢が多かったため
22日の治療が25日まで延期。
おかげで外泊が一日短縮されてしまった(;´д`)トホホ

24日の3度目のRALSは注射の時間を30分早くして良好。
順調に終わればあと1回を残すのみ。

この日、膀胱炎症状について泌尿器科に相談。
もしまた腎臓に問題があったら再挿入ということで、
ずっとつらくてたまらなかったステントを抜去してもらう。
これでずいぶん楽になった。
もう右を向いても、左を向いても自由に寝られる。


平成16年7月2日


RALS4回目も終了。
はじめ治療具の挿入が浅かったとかで子宮拡張しての
再挿入でこれまた痛かった  o(´^`)o ウー
今、膀胱炎がずっと治らないので途中の尿意が我慢できず導尿してもらう。
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
でも、きっとこれで終わってくれるほど甘くないんだろうなあ〜
たぶん来週5回目。

今夜、甥の結婚式のため神戸へ。
20年振りの船旅の往復に耐えられるといいけど…。
元気なときでもこのスケジュールはキツイでしょ〜☆


平成16年7月10日


先週の結婚式ではビデオとカメラ係りを担当。
出席者の中でも一番ウロウロしてたんじゃないかな?
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
往復の船旅も寝台のマットが思いのほか心地よくて問題なし。
もっとも、ちゃんと酔い止めのトラベルミン処方してもらったけどね。
帰ってからもビデオの編集・ダビングで忙しく家では寝る暇なし。
おかげで病院に戻ったとたん38℃の発熱。
ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

RALSは結局5回。
やっぱり子宮拡張のおまけはついたけどそれでもこれですべて終了。
めでたく放射線科とは縁が切れた。
C=(^◇^ ; ホッ!

前回抗がん剤治療が伸びてしまったため今クールは金曜日治療。
週末恒例の外泊は土、日、月曜日になる。
一番の副作用である下痢がまた始まるかと思うと憂鬱…
ただでさえ頻尿で一日20回近くもトイレ通いだっていうのに。
嘔吐がないだけでもマシだから贅沢はいえないか。
治療の際の手足のしびれは相変わらず。
味覚がおかしくなり、味を感じなかったり何を食べても苦くなる日もある。
右大腿部の痛みが頻回に起こり、ロキソニン服用する。
血液検査の結果のほうは白血球・ヘモグロビン・血小板とも問題なし。

まあ、放射が終わって抗がん剤だけになったんだからこれからきっとラクになるよね?


平成16年7月15日

泌尿器科受診。
放射線の後遺症の膀胱炎症状がますます辛くなってきたため。
排尿痛についてはまだ我慢できるけれど、
頻尿のほうがたまらない。
今回は問診だけで薬を出してもらって解決。
バップフォー20mg/分2
放射で焼け爛れたときに出したことはないけれどといわれたけれど
幾分ラクになった。
C=(^◇^ ; ホッ!
夜1時間おきにトイレ通いだったのが3時間寝られるようになった。
泌尿器の受診は痛いからヤダって言ってたけれど
もっと早く行っておけばよかったなあ。

今週末も土曜〜月曜外泊。


平成16年7月29日


3クールが終了した時点で一時退院となった。

その前に通院治療でという話もあったけれど、それは厳しすぎると思い断った。
治療と家事の両方をこなす自信は今はない。

それでも、治療から開放されての1週間というのはうれしい。
このところ味覚がおかしい日が多く
何を食べてもすっきりおいしく感じられなかったが
ようやくそれも戻ってきてC=(^◇^ ; ホッ!

ただ、6クールの治療ですべて終わると思っていたけれど、そうではないようだ。

もちろん、「がん」がなくならなければ完全退院はできないのはわかっているけれど
あとどれくらいこの治療が続くのだろう。

さしあたりこの一週間の休みのあと4〜5クールまでは継続決定。

次回8月3日に外来受診して採血とCCR。
4日に入院し、5日治療予定。



++BACK++   ++NEXT++